産業革命研究序説

矢口孝次郎 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • 序 産業革命論の多面化 / p1
  • I 産業革命論の源流 / p13
  • 一 源流について / p13
  • 二 J・Aブランキの見解 / p16
  • 三 エンゲルスの見解 / p19
  • II アーノルド・トインビーの産業革命論 / p36
  • 一 トインビーの著書のもつ意義 / p36
  • 二 トインビーにおける激変説と窮乏説 / p42
  • (1)激変について / p43
  • (2)窮乏説について / p48
  • 三 トインビーの社会改良主義的立場 / p54
  • 四 シドニー・ウェッブの見解 / p64
  • III 産業革命に関する連続説 / p74
  • 一 トインビー的産業革命論の影響 / p74
  • 二 トインビー的産業革命論に対する批判の展開 / p81
  • 三 連続説の主張 / p93
  • (1)ネフJ.U.Nefの連続説 / p100
  • (2)リプソンE.Lipsonの連続説 / p112
  • 四 連続説に対する反論 / p118
  • IV 産業革命論の新展開 / p127
  • 一 「成長論的経済史」の興隆 / p127
  • 二 工業化とロストウの「テイク・オフ」論 / p140
  • 三 コールマンの提言 / p160
  • 四 新展開に対する若干の批判 / p167
  • V 産業革命史に関するハモンド課題 / p187
  • 一 イギリス経済史学とハモンド夫妻 / p187
  • 二 いわゆる「窮乏説」について / p195
  • 三 「不満感」"Discontent"について / p204
  • 四 政治的過程の重視および「当時の支配的哲学」について / p212
  • 五 ハモンド夫妻に対する批判 / p223
  • 事項索引
  • 人名索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 産業革命研究序説
著作者等 矢口 孝次郎
書名ヨミ サンギョウ カクメイ ケンキュウ ジョセツ
書名別名 Sangyo kakumei kenkyu josetsu
シリーズ名 社会科学選書
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1967
ページ数 235p
大きさ 19cm
NCID BN01880095
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67006573
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想