フランス革命論 : 革命の合法性をめぐる哲学的考察

ヨーハン・ゴットリープ・フィヒテ 著 ; 桝田啓三郎 訳

新しい市民的思考を代表した自由と革命の論理。フランス革命を敢然と擁護、自由意志に基づく革命はすべて合法的であるとして、国家変革の権利と義務を明快に論証する。フィヒテ哲学の精髄を示す古典、初の完訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 緒論 国家の変革はいかなる原則から判断されるべきか
  • 第1章 そもそも国民に国家体制を変更する権利があるか?
  • 第2章 本研究の進め方の素描
  • 第3章 国家体制を変革する権利は全国民相互の契約によって譲渡できるか?
  • 第4章 特権階級一般について-国家変革の権利に関連して
  • 第5章 特に貴族について-国家変革の権利に関連して
  • 第6章 教会について-国家変革の権利に関連して

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランス革命論 : 革命の合法性をめぐる哲学的考察
著作者等 Fichte, Johann Gottlieb
桝田 啓三郎
フィヒテ ヨーハン・ゴットリープ
書名ヨミ フランス カクメイロン
書名別名 Beitrag zur Berichtigung der Urteile des Publikums über die Französische Revolution

Furansu kakumeiron
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1987.12
ページ数 391p
大きさ 20cm
ISBN 4588002260
NCID BN01879234
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88018395
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想