生き方の研究  続

森本哲郎 著

現代というめまぐるしい、それだけに不確実な、見通しのきかない時代にあって、多くの人びとは、どのように生きたらよいのか、あらためて考えを迫られている。そんなとき、なにがしかの示唆を与えてくれるのは、やはり、歴史を省みることであろう。その歴史とは、いうまでもなく、人間ひとりひとりが、それこそ、身をもって綴ってきたものである。私たちは歴史に学ぶように、個人の生涯に学ぶべきではなかろうか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 ふたたび、生き方の探究について
  • 慰めと安らぎについて-老子
  • 嫉妬について-小野小町
  • 人生の地獄について-ショーペンハウアー
  • 人間の愚さについて-ヒエロニムス・ボッス
  • 犯罪について-ネロ
  • 人気について-加賀の千代女
  • 老年について-キケロ
  • 自信について-佐々木小次郎
  • 文化衝撃について-ルイス・フロイス
  • 刹那について-石川啄木
  • ほどほど、について-白楽天
  • 理想と現実について-セルバンテス
  • 正直について-良寛
  • 不屈の精神について-ベートーヴェン
  • 不撓の魂について-北斎
  • 寛容について-エラスムス
  • 経験の教えについて-イソップ
  • 正義について-坊っちゃん
  • 反省について-孔子
  • 父親について-失業者アントニオ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生き方の研究
著作者等 森本 哲郎
書名ヨミ イキカタ ノ ケンキュウ
シリーズ名 新潮選書
巻冊次
出版元 新潮社
刊行年月 1989.10
ページ数 250p
大きさ 19cm
ISBN 4106003686
NCID BN01876178
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90005788
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想