場の量子論の数学的方法

エヌ・ボゴリューボフ 他著 ; 江沢洋 他訳

場の量子論は、素粒子物理学の基礎理論としての地位を固めつつある。その数学的構造を整備する研究も近年いちじるしく進展し、物理学と数学の新しい交流の前線をなすにいたっている。本書は、その成果を体系的にまとめ、場の量子論の原理的諸問題に関心をもつ学生・研究者に好個の入門書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 関数解析と一般関数-数学的準備
  • 第2章 相対論的量子論の一般原理
  • 第3章 局所場とWightman関数
  • 第4章 散乱理論、漸近条件とS行列
  • 第5章 相対論的不変性からの2、3の結果。TCP、スピンと統計、Haagの定理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 場の量子論の数学的方法
著作者等 Bogoliubov, Nikolai Nikolaevich
Bogolyubov, N. N.
Logunov, Anatolii Alekseevich
Todorov, Ivan Todorov
世戸 憲治
中村 孔一
亀井 理
南条 昌司
江沢 洋
関根 克彦
トドロフ イ
ログノフ ア
ボゴリューボフ エヌ
書名ヨミ バ ノ リョウシロン ノ スウガクテキ ホウホウ
書名別名 Основы аксиоматического подхода в квантовой теории поля

Ba no ryoshiron no sugakuteki hoho
出版元 東京図書
刊行年月 1987.11
版表示 新装版
ページ数 417p
大きさ 22cm
ISBN 4489002386
NCID BN00760655
BN03182544
BN01874172
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88004092
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想