神武東遷 : 数理文献学的アプローチ

安本美典 著

[目次]

  • 目次
  • I 新しい文献学 -この本の方法と立場
  • 1 文献の科学
  • ひとつの学問の誕生
  • 統計学者ユ-ルの試み
  • 第二次大戦後の発展
  • 数理的な方法の特徴
  • 2 邪馬台国の問題 / p16
  • 数理文献学による邪馬台国論
  • いくつかの問題点について
  • 伝承と史実
  • 3 文献学の潮流 / p30
  • 津田左右吉氏の業績
  • 津田史学の復活
  • 文献批判学の発展
  • 実証主義的文献批判学の方法と仮説検証的方法
  • 神話はつくられたものであろうか
  • 古代人のこころ
  • II 神武伝承の構造 -テキストの分析
  • 1 『古事記』と『日本書記』 / p50
  • 『古事記』と『日本書記』の成立
  • 『古事記』と『日本書記』の特徴
  • 神武伝承の概要
  • 2 事件のあった年月日 / p57
  • 神武伝承の要素
  • 『日本書記』の年月日記事
  • 年月日記事の作為のあと
  • 3 地名説話 / p69
  • 地名説話は民間語源説か
  • 地名説話はなぜ発生するか
  • 氏族伝承のあとに発生か
  • 4 歌謡 / p77
  • 歌謡の分類
  • グループIの歌(短歌群)
  • グループIIの歌(長歌群)
  • グループIIIの歌(a)(旋頭歌群)
  • グループIIIの歌(b)(古歌群)
  • 歌謡についてのまとめ
  • 5 氏族の祖先の物語り / p94
  • 氏族の分類
  • グループI-地方小部族(村首クラス)
  • グループII-地方豪族(1)(県主クラス)
  • グループIII-地方豪族(2)(国造クラス)
  • グループIV-中央貴族クラス
  • 6 帝紀的部分 / p113
  • 神武伝承の主人公
  • 帝紀的記事骨格説の傍証
  • ふたたび氏族の祖先の物語りについて
  • 「II」の編のまとめ
  • III 神武天皇の時代 -東遷は世紀末か
  • 1 信頼できる記事はなにか / p122
  • 年代論はなぜ必要か
  • 神武伝承の中核
  • 綏靖(第二代)以下の八代の天皇
  • 祟神天皇の問題
  • 2 年代の推定 -古代へのかけ橋 / p133
  • 天皇の平均在位年数は十年(飛鳥・奈良時代)
  • 雄略天皇以下九代の平均在位年数も十年
  • 神武天皇は西暦二七○年ごろの人か
  • 諸天皇の活躍の時期
  • 具体例による検証
  • 仁徳天皇以下五代の在位年数
  • 3 記紀の伝承と『魏志倭人伝』 / p152
  • 白鳥庫吉、和辻哲郎、太田亮の諸氏の説
  • 市村其三郎氏の説
  • 年代論のよる検討
  • 「卑弥呼=天照大御神」説は…
  • 年代論のまとめ
  • 4 九州から大和へ / p171
  • 大和朝廷の起源は九州
  • 考古学と統計学
  • 古墳の発生
  • 銅鐸
  • 剣と矛
  • この章のまとめ
  • 資料 神武天皇伝承の現代語訳(『古事記』『日本書記』) / p192
  • おわりに / p219

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 神武東遷 : 数理文献学的アプローチ
著作者等 安本 美典
書名ヨミ ジンム トウセン : スウリ ブンケンガクテキ アプローチ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1968
ページ数 226p
大きさ 18cm
NCID BN01872268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68013702
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想