奈良時代史の諸問題

直木孝次郎 著

[目次]

  • 目次
  • I 社会と経済 / p9
  • 一 奈良時代における浮浪について / p11
  • 二 奈良時代の家族と房戸-正倉院調庸関係墨書銘を通じて見たる- / p36
  • 三 万葉集と農耕 / p51
  • 四 律令時代における農民的土地所有について / p75
  • 五 寺奴の職掌と地位について / p86
  • 六 様工に関する一考察 / p104
  • 七 古代国家と村落-計画村落の視角から- / p120
  • II 出挙と正税 / p143
  • 一 主稲考 / p145
  • 二 大税と正税 / p151
  • 三 正税と土地の売買 / p160
  • 四 税長について / p174
  • 五 出挙雑考三題 / p185
  • (一)出挙と大伴家持
  • (二)湯沐倉
  • (三)倉下の語義
  • III 政治の諸相 / p197
  • 一 長屋王の変について / p199
  • 二 律令制の動揺 / p217
  • 三 桓武朝における政治権力の基盤 / p239
  • 四 律令官制における皇親勢力の一考察 / p260
  • 五 古代における皇胤伝説と天皇 / p295
  • IV 奈良時代雑考 / p311
  • 一 奈良時代の蔵人 / p313
  • 二 国名を持つ大和の地名 / p324
  • 三 平城宮跡出土の木簡と大膳職 / p330
  • 四 主帥について / p341
  • 五 制度史雑考 / p351
  • (一)奴婢の有償解放
  • (二)園池司と孔雀と島
  • (三)浄人について
  • (四)郡司の昇級について
  • (五)族長権の相続をめぐって-天智天皇と蘇我氏-
  • 六 宗教史雑考 / p371
  • (一)宇佐八幡と東大寺との関係-正倉院文書の一断簡から-
  • (二)日本霊異記にみえる「堂」について
  • (三)秋篠寺と善珠僧正
  • 七 生活史雑考 / p387
  • (一)続日本紀の多産記事
  • (二)奈良時代の米俵と糒
  • (三)正月十五日の七種粥
  • (四)主奴について
  • (五)大宰府・平城京間の日程
  • (六)安拝常麻呂解の鈄について
  • 付録 / p409
  • 一 法隆寺の食堂と講堂について / p411
  • 二 古代家族と社会構造-戦後二十年の古代史の歩みから- / p423
  • あとがき / p447
  • 成稿一覧 / p451
  • 索引 / 巻末

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 奈良時代史の諸問題
著作者等 直木 孝次郎
書名ヨミ ナラ ジダイシ ノ ショモンダイ
出版元 塙書房
刊行年月 1968
ページ数 453p
大きさ 22cm
NCID BN01870411
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68013699
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想