海岸工学

服部昌太郎 著

[目次]

  • 第1章 序論(日本の海岸
  • 海岸工学で取り扱う事柄)
  • 第2章 微小振幅波理論と規則波の一般的性質(波の諸元と代表指標
  • 微小振幅波理論
  • 波長と波速)
  • 第3章 浅海域での規則波の変形(浅水変形
  • 波の屈折
  • 波の回折)
  • 第4章 長周期の波と水位変動(潮汐
  • 高潮
  • 津波)
  • 第5章 海の波の統計的性質と波浪推算(波別解析法による不規則波の表示
  • 風波の発生と発達
  • 不規則波の変形)
  • 第6章 沿岸海浜過程-漂砂・海浜流(海浜形状
  • 波による底質移動)
  • 第7章 波と構造物(波力
  • 砕波圧の算定式
  • 砕波後の波による波力
  • 波の打上げ)
  • 第8章 海岸侵食とその対策(海浜変形の原因
  • 侵食対策の計画と工法
  • 海岸堤防と護岸)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海岸工学
著作者等 服部 昌太郎
書名ヨミ カイガン コウガク
シリーズ名 土木系大学講義シリーズ 13
出版元 コロナ社
刊行年月 1987.8
ページ数 230p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-339-05052-3
NCID BN01865863
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87051296
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想