帰化人 : 古代国家の成立をめぐって

上田正昭 著

[目次]

  • 目次
  • 序 帰化人群像 / p3
  • 天平の奇偉
  • 大仏開眼の背景
  • 天平の様相
  • 大仏造立のリーダー
  • 「帰化人」の地位と役割
  • 王族の血脈
  • 高野新笠の出自
  • 藤原氏と秦氏
  • 渡来の四段階
  • I 帰化以前 / p27
  • 王化の思想
  • 帰化の意味
  • 化内の人
  • 『古事記』の表現
  • 渡来のはじまり
  • 文化の交流
  • 楽浪の文化
  • 東夷の朝貢国
  • 文化の伝播
  • 三世紀の外交
  • 倭国動乱の背景
  • 邪馬台の国
  • 顧問団の渡来
  • 朝鮮の渦潮
  • 日韓関係の発展
  • 百済との交渉
  • 七枝刀の謎
  • II 漢人・秦人の登場 / p63
  • 倭寇の潰敗
  • 辛卯の年
  • 倭軍の敗北
  • 史の活躍
  • アヤ・ハタの由来
  • 文字の使用者
  • 文氏の伝承
  • 馬の文化
  • 乗馬の風習
  • 騎馬民族説
  • 馬飼の地方
  • 河内の文化
  • 今来の才伎
  • あらたな技術人の渡航
  • 技術の革新
  • 今来の郡
  • 始祖の伝承
  • 鉄の文化
  • 朝鮮の動向
  • 百済の危機
  • 対外関係の変化
  • III 古代国家の実力者 / p101
  • 転換の世紀
  • 王権の動揺
  • 執政官の交替
  • 部民制の変貌
  • 仏教の伝来
  • 五経博士の活動
  • 仏教受容の背景
  • 神か仏か
  • 百済仏教の荷担層
  • 政界への進出
  • 漢氏の去就
  • 天皇殺害事件
  • 東漢氏の軍事力
  • 文明の導入者
  • 秦氏の進出
  • 大蔵官僚の背景
  • 秦氏の信仰
  • IV 帰化氏族の命運 / p145
  • 対外関係の推移
  • 帰化のコース
  • 渡来のうねり
  • 百済の役
  • 土着の力
  • 文運の隆盛
  • 唐風文化の影響
  • 新旧の動向
  • 鎖国化の条件
  • 蕃国の思想
  • 出自の改変
  • 差別の克服
  • 参考文献 / p185

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 帰化人 : 古代国家の成立をめぐって
著作者等 上田 正昭
書名ヨミ キカジン : コダイ コッカ ノ セイリツ オ メグッテ
書名別名 Kikajin
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1965
ページ数 188p
大きさ 18cm
ISBN 4121000706
NCID BN01865488
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
65004948
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想