中国古代帝国の形成と構造 : 二十等爵制の研究

西嶋定生 著

戦後わが国の東洋史学会において、中国史研究に関する新らしい問題提起がにわかに活発となった。それは一言にしていえば、中国史をつらぬく特徴とされていたいわゆる「停滞性」を批判し、そこに発展と進化の様相を発見しようとするものであった。そして、秦漢帝国の形成をめぐる論争もまた、中国史研究上の主要な問題点のひとつであった。本書は、この論争の発端となったかつての著者の小論に対する自己批判に基いて、この論争をより深化させるためのささやかな試論であって、秦漢帝国の形成とその構造に関する検討を、皇帝支配の成立に視点を置いて、当時の爵制の分析という視角から試みようとしたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 中国古代社会の構造的特質に関する問題点
  • 第1章 二十等爵制の構造
  • 第2章 民爵賜与の方法とその対象
  • 第3章 二十等爵制の機能-とくに民爵について
  • 第4章 爵制的秩序の形成
  • 第5章 二十等爵制の形成

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 序章 中國古代社會の構造的特質に關する問題點 / p1
  • 第一節 序論 / p1
  • 第二節 中國における古代史論爭の展開 / p6
  • 第三節 日本における時代區文の經過 / p14
  • 第四節 秦漢帝國形成史の學說史的展望 / p19
  • 第五節 問題點の所在と分析の視角 / p35
  • 第一章 二十等爵制の構造 / p55
  • 第一節 秦漢爵制史硏究の問題點 / p55
  • 第二節 二十等爵の爵稱 / p59
  • 第三節 官爵・民爵の區別と授爵の機會 / p89
  • 第二章 民爵賜與の方法とその對象 / p159
  • 第一節 民爵賜與の事例 / p159
  • 第二節 民爵賜與の方法 / p202
  • 第三節 民爵賜與の對象 / p236
  • 第四節 有爵者の事例 / p288
  • 第三章 二十等爵制の機能-とくに民爵について- / p319
  • 第一節 問題の所在 / p319
  • 第二節 有爵者の特權-その一- / p321
  • 第三節 有爵者の特權-その二- / p346
  • 第四節 身分形成の場 / p361
  • 第四章 爵制的秩序の形成 / p381
  • 第一節 考察すべき問題とその方法 / p381
  • 第二節 赦天下について / p386
  • 第三節 「女子百戶牛酒」について / p395
  • 第四節 賜酺について / p412
  • 第五節 賜爵による里の秩序形成 / p430
  • 第六節 爵の傳統的性格 / p444
  • 第七節 爵制的秩序と國家構造 / p459
  • 第五章 二十等爵制の形成 / p479
  • 第一節 問題の所在 / p479
  • 第二節 軍功爵の成立 / p483
  • 第三節 郡縣制の形成と二十等爵制 / p503
  • 結言 / p575

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 中国古代帝国の形成と構造 : 二十等爵制の研究
著作者等 西嶋 定生
書名ヨミ チュウゴク コダイ テイコク ノ ケイセイ ト コウゾウ : 20トウ シャクセイ ノ ケンキュウ
書名別名 Chugoku kodai teikoku no keisei to kozo
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1961
版表示 学術書複製版
ページ数 587p 図版
大きさ 22cm
ISBN 4130260073
NCID BN00947860
BN01864689
BN15123236
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
61006091
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想