ドイツ近代憲法史

山田晟 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき / p3
  • 第一章 ドイツ同盟時代
  • 一 ドイツ同盟前史 / p4
  • 二 ドイツ同盟(一八一五-一八六六年)-ドイツ同盟規約 / p7
  • 三 フランクフルト国民議会-フランクフルト憲法(一八四九年) / p12
  • 四 各邦における憲法の制定 / p20
  • 五 ドイツ同盟の復活およびプロイセン・オーストリアの争(一八四九-一八六六年) / p38
  • 第二章 北ドイツ連邦憲法(一八六七年)
  • 一 プロイセン・オーストリア戦争(ドイツ戦争) / p45
  • 二 八月同盟 / p47
  • 三 一八六六年一二月一五日附のプロイセン政府草案 / p48
  • 四 北ドイツ連邦憲法の成立 / p49
  • 第三章 ドイツ帝国時代(一八七一-一九一八年)-ビスマルク憲法(一八七一年)
  • 一 普仏戦争とドイツ国家統一の完成 / p51
  • 二 ビスマルク憲法の特色 / p52
  • 三 ビスマルク憲法の運用 / p55
  • 四 プロイセンその他の諸邦 / p74
  • 第四章 ヷイマール共和国時代
  • 一 一一月革命 / p82
  • 二 ヷイマール憲法の制定 / p86
  • 三 ラントの憲法 / p90
  • 四 ヷイマール憲法の特色 / p94
  • 五 ヷイマール憲法の運用 / p100
  • 第五章 ナチス時代
  • 一 独裁制の樹立 / p120
  • 二 中央集権化の遂行 / p126
  • 三 ナチスの政策とその世界観 / p130
  • 四 法治主義の廃棄 / p134
  • 第六章 第二次世界大戦後の憲法
  • 第一節 第二次大戦後におけるラントの憲法 / p138
  • 一 ドイツの無条件降伏と四国によるドイツの管理 / p138
  • 二 ソ連占領地区(東ドイツ)におけるラントの憲法 / p142
  • 三 イギリス・アメリカ・フランス占領地区(西ドイツ)におけるラントの憲法 / p146
  • 第二節 ドイツ連邦共和国基本法(ボン基本法) / p151
  • 一 ボン基本法制定の沿革 / p151
  • 二 ボン基本法の発展 / p157
  • 三 ボン基本法の特色- イマール憲法と比較して / p161
  • 四 ボン基本法の運用 / p173
  • 第三節 ドイツ民主共和国憲法(東ドイツ憲法) / p185
  • 一 東ドイツ憲法制定の沿革 / p185
  • 二 東ドイツ憲法の発展 / p191
  • 三 東ドイツ憲法の特色-とくにボン基本法と比較して / p201
  • 四 東ドイツ憲法の運用 / p209
  • 附 ベルリン / p210
  • 一 ベルリンの法的地位 / p210
  • 二 ベルリンの憲法 / p213
  • ドイツ行政区画図
  • 索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ドイツ近代憲法史
著作者等 山田 晟
書名ヨミ ドイツ キンダイ ケンポウシ
書名別名 Doitsu kindai kenposhi
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1963
ページ数 214, 25p
大きさ 22cm
NCID BN01861738
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63002751
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想