ワクチン学 : ワクチンの理論と実際

大谷明 編

[目次]

  • 1 ワクチンの歴史
  • 2 ワクチンによる発病の阻止-個体レベル
  • 3 細菌の感染予防抗原
  • 4 自然抵抗性-非特異的防御機構
  • 5 生ワクチンか不活化ワクチンか
  • 6 ワクチン使用の戦略-疫学レベル
  • 7 ワクチン開発・製造における新技術
  • 8 ワクチンは自然を超えられるか?多機能ワクチンの開発
  • 9 注射によらないワクチン-ワクチン投与法の検討
  • 10 ワクチン開発の問題点-人体試験のむずかしさ
  • 11 ワクチンの品質管理
  • 12 予防接種後神経合併症の病因,病理
  • 13 予防接種と医療
  • 14 予防接種と法律
  • 15 予防接種法、その他関係する法律
  • 16 開発途上国とワクチン
  • 17 海外旅行者に必要な予防接種
  • 18 これから期待されるワクチン-癌,癩,AIDSのワクチンをめぐって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ワクチン学 : ワクチンの理論と実際
著作者等 大谷 明
書名ヨミ ワクチンガク
書名別名 Wakuchingaku
出版元 講談社
刊行年月 1987.12
ページ数 320p
大きさ 22cm
ISBN 4061536028
NCID BN01857355
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88011325
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想