科学の中の統計学 : 現代科学と統計数理の接点

赤池弘次 編

生物学、天文学、国語学、遺伝学などの現代諸科学の中で、統計学はどのような役割を果たし、どのように利用されているのか。その問いに答えて、国立研究所の各所長が、自己の体験をも通して各分野での現状と展望を興味深く解説する。あわせて、統計的な物の見方の本質と手法の一端を具体的な事例を通して明らかにする。話題を呼んだ統計数理研究所でのセミナーを中心に構成した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 私の研究と統計学-フィールドサイエンスの立場から
  • 数理科学と宇宙科学の接点-主としてエックス線天文学を中心として
  • 私の研究と統計学-言語の社会的調査を通して
  • 人類遺伝学の研究と統計学とのかかわり-網膜芽細胞腫の遺伝をめぐって
  • 統計数理研究の特質-その抽象性と具体性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 科学の中の統計学 : 現代科学と統計数理の接点
著作者等 小田 稔
松永 英
松田 達郎
赤池 弘次
野元 菊雄
書名ヨミ カガク ノ ナカ ノ トウケイガク
書名別名 Kagaku no naka no tokeigaku
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1987.6
ページ数 244, 6p
大きさ 18cm
ISBN 4061326929
NCID BN01850243
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87044863
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想