昭和将棋史

大山康晴 著

15世名人大山康晴は昭和10年に12歳で木見金次郎8段に入門した。以来50年余、名人をはじめとするタイトル獲得数・優勝回数は120を越え、現在もなお現役で活躍している。本書は昭和将棋の歴史を自己の歩みとともに描いたものである。木村、升田、中原ら多くの名棋士との激闘の跡を振り返り、将棋界の将来について抱負を述べる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 戦前の将棋界(入門のころ
  • 名人戦の開始
  • ゆれる将棋界
  • 木村名人の時代
  • 戦時下の将棋界)
  • 2 名人への道(終戦直後の苦労
  • 高野山の決戦
  • 名人位へ初挑戦
  • 名人位に就く
  • 永世名人になる)
  • 3 五冠王時代(升田さんとの対決
  • 新棋戦の出現
  • 五冠達成)
  • 4 新世代との対決(中原名人の誕生
  • 将棋連盟の会長として)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昭和将棋史
著作者等 大山 康晴
書名ヨミ ショウワ ショウギシ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1988.1
ページ数 207p
大きさ 18cm
ISBN 400430007X
NCID BN01850061
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88022496
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想