紫式部

清水好子 著

平安時代の漢学者の娘として生まれた一女性が世界でも屈指の物語文学を書き上げるまでには、どのような経過があったのだろうか。多感な少女時代を送り、早くして夫に死別、中宮の女房となり、鋭い観察力と豊かな創造力で「源氏物語」を書きつづる。現実と虚構の交錯する世界に自らを投げ入れた紫式部の女としての生きかたを追求する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 娘時代
  • 第2章 旅
  • 第3章 結婚
  • 第4章 宮仕え
  • 第5章 源氏物語の執筆

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 紫式部
著作者等 清水 好子
書名ヨミ ムラサキ シキブ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1973
ページ数 218p
大きさ 18cm
ISBN 4004140277
NCID BN01849506
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
75003822
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想