「心」とは何か : 精神生理学からのアプローチ

高橋宏 著

『心』の正体は、いったい何なのか?『心』はどこにあるのか?古くて新しいこの素朴な疑問に、現代科学はどんな解答をするだろうか。脳のメカニズムや機能を研究することで『心』はとらえられるだろうか。ヒポクラテスの昔から、今日に至る研究の足どりを追いながら、人類永遠のテーマともいうべきこの問題を、長年、人間の精神活動を研究対象としてきた著者が、脳と神経系研究の今日の段階を踏まえつつ、精神生理学の手法をも駆使して解明を試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 『心』の正体とありかを求めて
  • 2 神経系のしくみと役割
  • 3 脳と神経の働き
  • 4 心とからだのつながり
  • 5 心はどのように発達するか
  • 6 人間らしさを生む脳の機能
  • 7 心はどこまでわかったか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「心」とは何か : 精神生理学からのアプローチ
著作者等 高橋 宏
書名ヨミ ココロ トワ ナニカ
書名別名 Kokoro towa nanika
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1987.4
ページ数 197p
大きさ 18cm
ISBN 4061326856
NCID BN01849335
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87034530
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想