ディジタル・オーディオの謎を解く : CD・DATの科学と開発

天外伺朗 著

アナログからディジタルへの流れは、時代の要請でもある。本書は読みやすいストーリー形式をかりて、ディジタル/アナログ、ディジタル・オーディオ、コンパクト・ディスク(CD)、DATなどの基礎的な概念、そのフィロソフィー、初歩的な技術などを把握できるように構成したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 D博士登場
  • 第2章 そしてCDも登場
  • 第3章 音楽が数字になる?
  • 第4章 ディジタル・アナログ、摩訶不思議
  • 第5章 ディジタル人間、アナログ人間
  • 第6章 標本化の謎
  • 第7章 周波数軸、摩訶不思議
  • 第8章 波形を近似する
  • 第9章 なぜサインかコサインか?
  • 第10章 そして波形は再現される…
  • 第11章 標本化周波数論争
  • 第12章 量子化談義
  • 第13章 ビット数論争
  • 第14章 記録密度の謎
  • 第15章 ビデオ・ディスクとCD
  • 第16章 誤り訂正符号の原理
  • 第17章 誤り訂正方式論争
  • 第18章 クロスインタリーブの原理
  • 第19章 CDとDAT
  • 第20章 RDAT・SDAT論争
  • 第21章 電子出版業への展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ディジタル・オーディオの謎を解く : CD・DATの科学と開発
著作者等 天外 伺朗
書名ヨミ ディジタル オーディオ ノ ナゾ オ トク
書名別名 Dijitaru odio no nazo o toku
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1987.3
ページ数 223, 3p
大きさ 18cm
ISBN 4061326805
NCID BN01848842
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87033442
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想