アンテナの科学 : 電波の出入りを追う

後藤尚久 著

各家庭におなじみのテレビアンテナ、電話局の屋上のパラボラアンテナ、遠い宇宙の謎に挑む超大型アンテナ…。われわれの身近にはさまざまなタイプのアンテナがある。電流が流れるところには、必ず電波が発生するという。しかし、送電線とアンテナの違いはどこにあるか、またどのようなメカニズムでアンテナから電波が効率よく出入りするか、となると意外に理解しにくい。パソコングラフィックスを活用し、衛星放送など新しい情報化時代を迎えて重要性をますアンテナの原理を解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 波とはなにか
  • 第2章 電波の源
  • 第3章 開口面アンテナ
  • 第4章 アレイアンテナ
  • 第5章 ハイテク時代のアンテナ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アンテナの科学 : 電波の出入りを追う
著作者等 後藤 尚久
書名ヨミ アンテナ ノ カガク
書名別名 Antena no kagaku
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1987.3
ページ数 242, 3p
大きさ 18cm
ISBN 4061326791
NCID BN01848809
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87028656
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想