超伝導

中嶋貞雄 著

セラミック超伝導体の発見は世界中に科学史上空前のフィーバーを巻き起こした。現代の話題の中心、超伝導とはいったい何なのか。そのテクノロジーにはどのような可能性があり、いかなるインパクトを社会に与えるのか。現代物理学はこれをどこまで解明しているのか。超伝導物理の第一人者が超伝導のすべてを明快に解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 超伝導フィーバー
  • 1 永久電流とその応用
  • 3 マイスナー効果と磁束量子化
  • 4 超伝導発見の前後
  • 5 常伝導の量子論
  • 6 マクロ波動関数
  • 8 超流動へリウム
  • 8 BCS理論
  • 9 ジョセフソン効果の発見と意義
  • 10 超伝導発現のメカニズム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 超伝導
著作者等 中嶋 貞雄
書名ヨミ チョウデンドウ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1988.1
ページ数 205p
大きさ 18cm
ISBN 4004300096
NCID BN01848773
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88023481
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想