暗い夜の記録

許広平 著 ; 安藤彦太郎 訳

日本軍占領下の上海、ひそかに「魯迅全集」の刊行に努めていた魯迅夫人・許広平が、日本憲兵隊に逮捕され、電気拷問などさまざまな苦刑を受けたのち、傀儡政権秘密警察に引きわたされるまでの二カ月半の記録。圧迫に抗して民族の誇りを守りぬいた彼女の貴重な体験記は、我々に厳しい反省を迫ると同時に、誠実に生きる勇気の尊さを教える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人民の立場とわたし
  • 受難の発端
  • 護送されて
  • 囚人生活はじまる
  • 留置場の内部
  • 同室の友人たち
  • 四日間
  • 屈辱の試錬
  • しばしの休息
  • 電気拷問にかかる〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 暗い夜の記録
著作者等 安藤 彦太郎
許 広平
書名ヨミ クライ ヨル ノ キロク
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1974
版表示 改版
ページ数 202p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-415002-2
NCID BN0184792X
BN04801277
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
73009470
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想