砂漠の文化 : 中央アジアと東西交渉

松田寿男 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • I 中央アジアの砂漠について / p1
  • カラ・クム砂漠
  • 流水の作用
  • 砂漠人の知恵
  • ステップのオアシス
  • アルマ・アタ
  • 砂漠のアオシス
  • プラハ
  • オアシスづくり
  • II 天山の表と裏 / p25
  • タクラマカン砂漠
  • ターリム盆地
  • オアシスの誕生
  • 西城の主役
  • 玄奘は語る
  • ズンガル盆地
  • 長春真人の旅
  • ズンガル盆地の史的性格
  • III 砂と人との戦い / p51
  • 中国の西玄関
  • 敦煌の生活
  • 水を司る「白い髪」
  • 埋もれたオアシス
  • ニヤの遺跡
  • 国際市場・楼蘭
  • 貧しさと豊かさと
  • 中継貿易の発生
  • IV 光はまず西方から / p77
  • ミーラーンの天使
  • ヘラスの湖
  • パクトリアとガンダーラ
  • 西方の光
  • エンゼルの変身
  • 石窟の芸術
  • 東西のるつぼ
  • V 東西文化のふれあい / p101
  • 禺氏の玉
  • 屯田経営
  • 東天山盆地
  • アジアの井戸
  • 漢文化の飛地
  • 東西文化の分水嶺
  • VI ステップの道 / p123
  • 牧人の世界
  • スキタイの波
  • 遊牧から生まれた社会
  • 大人とクリルタイ
  • なぜ絹が取引されたか
  • アルタイ・テュルクの登場
  • ソグディアナ商圈
  • 東天山通廊
  • VII イスラム世界とアルタイ勢力 / p153
  • 拮杭と融合
  • 高昌国の遺産
  • 新ウィグル対カラハン
  • テュルク・イスラム
  • チンギス・ハァンの進撃
  • 第二の〝アジアの嵐〟
  • VIII アジアの十字点 / p179
  • 三つの道
  • シルク・ロード
  • アジアの枢軸
  • 天山山脈の意義
  • 中央アジアのローカル化
  • 衰えゆく遊牧生活
  • オアシスの変貌

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 砂漠の文化 : 中央アジアと東西交渉
著作者等 松田 寿男
書名ヨミ サバク ノ ブンカ : チュウオウ アジア ト トウザイ コウショウ
書名別名 Sabaku no bunka
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1966
ページ数 196p
大きさ 18cm
NCID BN0184784X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67003969
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想