経済学要論

古川哲 編

[目次]

  • 目次
  • 第一章 経済学の課題と方法 / p1
  • I 経済学の対象と基礎概念 / p1
  • II 経済学の方法 / p12
  • A 経済学の法則の一般性と特殊性 / p12
  • B 経済学の研究方法の特殊性 / p18
  • C 経済学の論証方法の特殊性 / p27
  • D 経済法則の定式化と利用における特殊性 / p34
  • E 経済学における論理と歴史、およびその理論展開の出発点 / p38
  • 第二章 商品と貨幣 / p47
  • I 商品の使用価値と価値 / p47
  • A 商品の二要因 / p47
  • B 労働の二重性格 / p52
  • II 価値表現の特殊性と貨幣 / p59
  • A 価格の現象形態 / p59
  • B 簡単な価値形態 / p63
  • C 価値形態の発展 / p68
  • D 貨幣 / p72
  • E 貨幣の諸機能 / p76
  • F 商品(貨幣)の物神的性格 / p82
  • 第三章 資本主義的生産 / p89
  • I 貨幣の資本への転化 / p89
  • II 労働力商品 / p92
  • III 剰余価値の生産 / p101
  • IV 資本の源泉と蓄積 / p109
  • V 資本主義の基本的法則と基本的矛盾 / p117
  • VI 資本主義的蓄積の一般的法則 / p124
  • 第四章 資本主義的流通・再生産 / p133
  • I 資本主義的流通過程 / p133
  • II 資本主義的再生産過程 / p139
  • 第五章 競争 / p157
  • I 資本主義的生産と競争 / p157
  • II 競争と経済諸法則 / p161
  • A 費用価格と利潤 / p163
  • B 利潤率と剰余価値率 / p166
  • III 競争と価値・価格規定 / p170
  • A 異なる生産諸部門問での利潤率の相違とその「矛盾」 / p172
  • B 一般的利潤率の成立と生産価格の規定 / p175
  • C 競争による利潤率の均等化 / p178
  • IV 競争と資本主義の動態 / p186
  • A 一般的利潤率の傾向的低下の法則 / p188
  • B 蓄積過程における利潤率低下法則の内的矛盾の展開 / p192
  • 第六章 独占 / p197
  • I 生産の集積と独占 / p197
  • A 資本の集積と集中 / p197
  • B 生産の集積と独占 / p200
  • II 独占的資本蓄積 / p211
  • III 金融資本と帝国主義 / p221
  • 第七章 国民経済と世界経済 / p227
  • I 諸階級と国家 / p227
  • II 資本主義と外国貿易 / p235
  • III 金本位制と管理通貨制 / p242
  • IV 一九世紀世界市場と二〇世紀世界市場 / p251
  • 第八章 経済循環と体制危機 / p255
  • I 経済循環 / p255
  • II 独占のもとでの矛盾の展開 / p271
  • III 資本主義の全般的危機 / p276
  • 参考文献 / p283

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 経済学要論
著作者等 古川 哲
書名ヨミ ケイザイガク ヨウロン
シリーズ名 有斐閣双書
出版元 有斐閣
刊行年月 1967
ページ数 287p
大きさ 19cm
NCID BN01845403
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67001449
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想