バイオアフィニティー

笠井献一 著

生体分子の結婚願望を意のままに利用するすべを人類が手にしたときから、アフィニティー技術が始まった。生命の神秘を解くカギであり、バイオテクノロジーを支える土台である、バイオアフィニティーとはなにか。だれもが知らねばならぬ基本的知識をやさしく解説した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 アフィニティーの基礎知識(アフィニティーとはなんだろう
  • アフィニティーは生物にとってどんな意味があるか
  • アフィニティーはどんな物質的基礎に立っているか
  • からだの中でアフィニティーがかかわっているところ)
  • 第2部 アフィニティーの利用(アフィニティーの利用
  • どんなアフィニティー技術があるか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バイオアフィニティー
著作者等 笠井 献一
書名ヨミ バイオアフィニティー
書名別名 Baioafiniti
シリーズ名 未来の生物科学シリーズ 13
出版元 共立
刊行年月 1987.11
ページ数 130p
大きさ 19cm
ISBN 4320053370
NCID BN01842041
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88005307
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想