日本の農業と農民

河合悦三 著

[目次]

  • 目次
  • 一 日本農業の特徴はなにか / p1
  • 1 経営が零細である / p5
  • 2 米麦が中心である / p12
  • 3 多肥多労である / p17
  • 二 日本の農業は自由に発展できるか / p34
  • 1 アメリカの余剰農産物の輸入 / p39
  • 2 生産高の増加 / p47
  • 3 必要経費の減少 / p52
  • 4 小作料 / p54
  • 5 税金その他の諸負担 / p56
  • 6 農林予算 / p59
  • 7 農業政策 / p62
  • 8 酪農 / p64
  • 9 経営の共同化 / p66
  • 10 発展への道 / p69
  • 三 統制か自由か供出制度について / p70
  • 1 統制撤廃に賛成する理由 / p71
  • 2 統制撤廃に反対する理由 / p74
  • 3 米価はどうなるか / p81
  • 4 生産費をつぐなうか / p84
  • 5 豊作貧乏 / p90
  • 6 農民は゛高米価゛をのぞまず / p90
  • 四 農村が封建的だということ / p93
  • 1 言葉は正確に / p93
  • 2 徳川・封建時代のこと / p94
  • 3 世の中は変る / p98
  • 4 封建的ということ / p101
  • 5 小商品生産者 / p102
  • 6 農地改革による変化 / p106
  • 7 ヤミ小作料など / p114
  • 8 土地闘争 / p117
  • 9 再編地主制は誤り / p119
  • 10 逆コース / p121
  • 11 農村は封建的である / p125
  • 12 封建的であるわけ / p128
  • 五 農村における階層とその相互の関係 / p131
  • 1 地主 / p131
  • 2 地主と小作農 / p137
  • 3 農民層の分類 / p140
  • 4 富農、中農、貧農 / p145
  • 5 兼業農家、貧農 / p148
  • 6 農民層の分解--農地の移動 / p151
  • 7 農民層間の経済的関係 / p155
  • 8 農民層間の政治的関係 / p163
  • 六 農民はどうしたら幸福になれるか / p165
  • 1 あきらめないこと / p170
  • 2 世の中は変っている / p175
  • 3 知ること / p186
  • 4 話しあうこと / p192
  • 5 出来ることから始めること / p198
  • 6 組織を作ること / p203
  • 7 統一すること / p210
  • 8 労働者と手を結ぶこと / p215
  • あとがき / p221

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本の農業と農民
著作者等 河合 悦三
書名ヨミ ニホン ノ ノウギョウ ト ノウミン
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1956
ページ数 222p
大きさ 18cm
NCID BN0184121X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56006013
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想