農村は変わる

並木正吉 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき
  • I 動き出した若い世代 / p1
  • 1 去りゆく若ものと残る若もの / p1
  • 村々では
  • 地すべり的な移動
  • お天気が西から変るように
  • 人口と農家戸数の動き
  • 2 その背後にあるもの / p27
  • ひろがった労働市場
  • 末子の一五も貧乏の谷
  • 都市のくらし・村のくらし
  • 農村の賃金
  • 機械化その他
  • II 村のうごき / p51
  • 1 新しいうごき / p51
  • 農業法人
  • 農休日と月給制
  • 婦人の地位
  • 父と子
  • 2 次三男問題 / p84
  • 次三男問題の変化
  • 次三男はどれほど残っているか
  • 新たな困難
  • 雇用問題への発展
  • 長男の立場
  • III 再編成される農家 / p101
  • 1 農家・その三つのタイプ / p101
  • 賃労働者「農家」
  • 兼業農家
  • 生活と経営
  • 商品生産農家
  • 農業生産の専門化
  • 半商品生産農家
  • 2 どこまで分解するか / p118
  • これまでの動き
  • 二つの未来図
  • 経営と技術
  • 生産の共同化
  • 地価と小作料
  • 農業労働者(年雇)
  • 半商品生産農家の運命
  • 3 低所得農家 / p141
  • その分布
  • 働らきぶり
  • IV 家ぐるみの離村のうごき / p151
  • --第二の地すべり的移動--
  • 1 農民離村の足どり / p152
  • 戦前の流出人口
  • 家ぐるみの離村
  • 農業就業人口
  • 通勤農家の成立
  • 2 二度目の地すべり / p166
  • 農家予備軍
  • 二度目の地すべり
  • V 国民経済の中の農民 / p177
  • --最低賃金制の基盤--
  • 1 都会へ出てから / p177
  • 相対的悪化のなかで
  • 底辺労働者のゆくえ
  • 『人口白書』の警告
  • 資本のかかる自営業
  • 困難な農村への還流
  • 2 就業構造の再編成 / p189
  • 労働力給源としての農村
  • 賃金労働者の増大
  • 最低賃金制の基盤

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 農村は変わる
著作者等 並木 正吉
書名ヨミ ノウソン ワ カワル
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1960
ページ数 195p
大きさ 19cm
NCID BN01840589
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60010052
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想