生物化学兵器 : 知られざる「死の科学」

和気朗 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • I 生物化学兵器の現実 / p2
  • 1 ベトナム戦争のひとこま / p2
  • あるスクープ
  • ラスク長官のジレンマ
  • スケジュール戦争のなかで
  • 2 生物化学兵器の種類と特性 / p13
  • 核兵器とBCW
  • BCWの定義と種類
  • BCWの特性
  • 3 準備されていた実験戦争 / p23
  • フォート・デトリック
  • ポートン
  • ソビエトと中国の場合
  • II 化学兵器 / p34
  • 1 イープルからアウシュビッツまで / p34
  • 毒ガスの着想
  • イープル戦
  • エスカレーション
  • アウシュビッツの悲劇
  • 2 科学と兵器の交渉 / p52
  • Gガス誕生の条件
  • 塩素ガスの誕生まで
  • 砒素化合物
  • イペリット
  • 化学工業と毒ガスの生産
  • 農薬からGガスへ
  • 3 ガス兵器の発達 / p70
  • 神経性ガス
  • 精神錯乱性ガス
  • 窒息性ガス
  • 糜爛性ガス
  • 4 ガス後遺症 / p82
  • 毒ガス島
  • 事故の頻発
  • 後遣症の疑い
  • 5 焼夷剤 / p92
  • 無差別爆撃の思想
  • 一酸化炭素中毒
  • ナパーム弾
  • 6 化学薬品 / p101
  • 「落葉作戦」
  • 農薬の作用
  • 自然の均衡の破壊
  • III 生物兵器 / p110
  • 1 細菌戦前史 / p110
  • 石井部隊
  • 朝鮮戦争
  • 古典的細菌兵器
  • 2 病気の論理と生物兵器 / p120
  • 病気の制御の歴史
  • 感染症の制御と軍隊
  • ウィルス感染論と現代生物学
  • 生物兵器の条件と研究の現状
  • 住民の免疫状態と伝染病
  • 感染経路
  • 薬剤耐性
  • 戦時下の病気
  • 自然流行と人為流行
  • 3 現代の生物兵器 / p147
  • ウィルス兵器
  • リケッチャ兵器
  • 細菌兵器
  • 真菌兵器
  • 毒素兵器
  • 対穀物攻撃
  • IV 生物化学兵器と科学者 / p164
  • 1 ロスチャイルド批判 / p164
  • 『明日の兵器』
  • 人道的兵器
  • 平和か悪疫か
  • 2 科学者はなにをなすべきか / p171
  • なにが問題か
  • ポリオのこと
  • 科学者集団
  • 3 生物化学兵器をめぐる科学者の発言 / p182
  • FASの運動
  • パグウォッシュ会議

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 生物化学兵器 : 知られざる「死の科学」
著作者等 和気 朗
書名ヨミ セイブツ カガク ヘイキ : シラレザル シ ノ カガク
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1966
ページ数 194p
大きさ 18cm
ISBN 4121000986
NCID BN01839466
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66003279
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想