日本経済の成長と循環

篠原三代平 著

[目次]

  • 目次
  • 第1篇 高度成長を支えるもの
  • 第1章 高度成長とその諸要因 / p3
  • 1 戦前・戦後を貫く高度成長 / p3
  • 2 戦前の場合 / p6
  • 3 戦後の場合 / p11
  • 4 高成長の起動力は何か / p14
  • 5 むすび / p23
  • 第2章 戦後復興過程の国際比較 / p25
  • 1 戦前経済成長率の高さ / p25
  • 2 戦後経済成長における回復要因 / p27
  • 3 成長率の国際差を規定するその他の要因 / p30
  • 4 成長率の大きかった産業 / p32
  • 5 後進国交易条件好転の役割 / p33
  • 6 技術革新の役割 / p35
  • 7 所得分配・人口増加率などの要因 / p37
  • 8 下方硬直性の諸要因 / p40
  • 9 復興要因を超えて / p44
  • 第3章 戦前の経済成長と長期波動 / p46
  • 1 問題 / p46
  • 2 長期波動の摘出 / p47
  • 3 経済成長の内部構造 / p57
  • 4 交易条件と品目別輸出入成長率 / p69
  • 第4章 わが国工業の相対水準と輸出競争力 / p75
  • 1 問題 / p75
  • 2 国際間工業生産指数の作成 / p76
  • 3 以上を基礎とした為替レートの割安性の検出 / p81
  • 4 ギルバート推計による機械・建設指数のテスト / p87
  • 5 人口1人当り工鉱業生産水準の比較 / p88
  • 6 戦後における輸出・生産の減退率・回復率の相反性 / p91
  • 第5章 資本集中・二重構造と高度成長 / p96
  • 1 二重構造の後進国型と日本型 / p96
  • 2 規模別賃金格差 / p99
  • 3 二重構造の仮説 / p102
  • 4 融資集中の実態 / p109
  • 5 融資・資本集約度・生産性の数量関係 / p120
  • 6 二重構造下の蓄積形態 / p126
  • 7 二重構造の将来 / p128
  • 第6章 経済成長論争・在庫論争の問題点 / p130
  • 1 当初における下村説の概要 / p130
  • 2 在庫論争の問題点 / p133
  • 3 輸入依存度を動かすもの / p142
  • 4 当初における産出係数論争 / p150
  • 5 限界粗固定資本係数の国際比較 / p155
  • 6 産出係数概念の再吟味と下村氏の転換 / p166
  • 7 下村プランと池田内閣の高成長政策 / p176
  • 第2篇 戦後経済の成長と循環
  • 第7章 戦後経済成長の諸段階と循環 / p187
  • 1 戦後成長の3段階 / p187
  • 2 限界固定資本係数の上昇 / p189
  • 3 産業別成長率の3段階 / p191
  • 4 成長と国民所得の構成変化 / p194
  • 5 戦後における消費・貯蓄パタンの推移 / p199
  • 6 戦後景気循環の特質 / p211
  • 第8章 在庫循環の形態 / p227
  • 1 在庫投資推計の吟味 / p227
  • 2 在庫投資変動の形態 / p235
  • 第9章 景気循環と二重構造 / p254
  • 1 貸出と在庫投資 / p254
  • 2 融資・在庫循環における二重構造 / p261
  • 第3篇 高度成長と輸出の主導性
  • 第10章 戦前経済の高成長と輸出伸長の関係 / p275
  • 1 序 / p275
  • 2 交易条件と工業生産成長率 / p277
  • 3 輸出伸長と交易条件 / p288
  • 4 比較生産費説と賃金構造 / p299
  • 5 交易条件と生活水準 / p303
  • 6 外地米移入の影響 / p311
  • 7 為替相場の変動と輸出品の価格水準 / p318
  • 第11章 交易条件をめぐる小島批判への反論 / p323
  • 1 果して「輸出ドライヴ説」か / p323
  • 2 篠原仮説の背景 / p324
  • 3 生産性上昇・貿易の利益・所得率 / p327
  • 4 経済成長率差と交易条件 / p331
  • 第12章 低賃金論をめぐる小島批判への回答 / p334
  • 1 残る問題 / p334
  • 2 供給側仮説をめぐって / p335
  • 3 その他の批判への回答 / p342
  • 第13章 両大戦間の輸出入函数-建元批判に答える- / p352
  • 1 問題 / p352
  • 2 建元批判の要点 / p353
  • 3 サムシング・ロング / p354
  • 4 輸出函数 / p358
  • 5 輸入函数 / p366
  • 6 輸出の主導性 / p368
  • 第14章 360円レートと産業構造 / p378
  • 1 自由化と360円レート / p378
  • 2 円レートは割安である-小島清氏らの批判に答える / p387
  • 索引 / p1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本経済の成長と循環
著作者等 篠原 三代平
書名ヨミ ニホン ケイザイ ノ セイチョウ ト ジュンカン
書名別名 Nihon keizai no seicho to junkan
シリーズ名 現代経済学叢書
出版元 創文社
刊行年月 1961 2刷
ページ数 398p
大きさ 22cm
NCID BN01836785
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
61011771
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想