金属材料の強度と破壊

日本金属学会強度委員会 編

[目次]

  • 目次
  • 第1編 基礎
  • 1. 強度と破壊の一般論 (横堀武夫) / p1
  • 2. 弾性学的挙動 (倉西正嗣) / p2
  • 3. 連続塑性体の力学的取扱いの基礎 (山田嘉昭) / p26
  • 4. 金属材料の組織学的取扱いの基礎 (門間改三) / p43
  • 5. 強度の原子論および転位論的取扱いの基礎 (幸田成康) / p92
  • 第2編 降伏と塑性流動
  • 6. 結晶体の降伏の原子論(鈴木秀次) / p113
  • 7. 鉄鋼の降伏(横堀武夫) / p120
  • 8. 多結晶体の降伏と塑性流動 (大矢根守哉.小島公平) / p122
  • 9. 析出硬化と強度 (川崎正之) / p133
  • 10. 塑性加工による強度の変化 (川崎正之) / p145
  • 11. 塑性加工の限界 (山田嘉昭) / p153
  • 第3編 破壊
  • 12. 破壊総論 (横堀武夫) / p163
  • 13. 破壊の理論 (藤田英一) / p167
  • 14. へき開破壊と結晶塑性 (北島一徳) / p174
  • 15. 脆性破壊の実用的諸問題I (金沢武) / p197
  • 16. 脆性破壊の実用的諸問題II (木原博) / p233
  • 17. 鋳鉄の破壊 (植村益次) / p256
  • 第4編 疲労
  • 18. 疲労総論 (横堀武夫) / p265
  • 19. 疲労の結晶学的挙動 (山本美喜雄.渡辺慈朗) / p269
  • 20. 疲労クラックの伝播 (横堀武夫) / p298
  • 21. 組合せ応力による疲労 (河本実) / p312
  • 22. 切欠き効果 (川田雄一) / p323
  • 23. 寸法効果 (川田雄一) / p340
  • 24. 残留応力と疲労強度 (西岡邦夫) / p352
  • 25. 常温加工の影響 (中村宏) / p357
  • 26. 表面処理効果 (中村宏) / p362
  • 27. 介在物,結晶粒度と疲労 (下田秀夫.渡辺十郎) / p383
  • 28. 熱処理組織と疲労強度 (西岡邦夫) / p392
  • 29. 高温および低温疲労 (竹内栄.本間恒夫) / p400
  • 30. 重複荷重および変動荷重 (河本実) / p408
  • 31. 漸増応力による疲労 (榎本信助) / p421
  • 32. 溶接材の疲労 (多田美朝) / p427
  • 33. 腐食疲労 (遠藤吉郎) / p465
  • 34. 接触部の疲労 (赤岡純) / p475
  • 第5編 クリープおよび高温強度
  • 35. 金属材料の構造とクリープ (大原秀晴) / p483
  • 36. クリープの形式的現象論 (田中吉之助) / p501
  • 37. クリープの転位論 (山本美喜雄.角野浩二) / p513
  • 38. 変動温度および変動応力のもとにおけるクリープ (平修二) / p537
  • 39. 切欠きクリープ破壊 (末沢慶忠) / p547
  • 40. 熱衝撃および熱疲労 (鵜戸口英善) / p560
  • 索引 / p583

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 金属材料の強度と破壊
著作者等 日本金属学会
日本金属学会強度委員会
書名ヨミ キンゾク ザイリョウ ノ キョウド ト ハカイ
書名別名 Kinzoku zairyo no kyodo to hakai
出版元 丸善
刊行年月 1964
版表示 第2版
ページ数 588p
大きさ 22cm
NCID BN0183559X
BN02951916
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64002970
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想