日本への期待=ヨーロッパの本音 : <12時間>の間柄

佃近雄 編

「日米欧三極構造」のバランスと安定のために、今こそ、「日欧関係」は再構築されねばならない。成田からノンストップ直行便で12時間、《憧憬の対象》としてのヨーロッパ、《謎にみちた神秘の国》としての日本は、お互いに過去のものになりつつある。ヨーロッパに駐在した、官庁エコノミスト、商社マンが、「近くなった」ヨーロッパ各国の本音と日本の対応を描いた、日欧新関係テイク・オフのシナリオ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 新しい対欧認識の時代
  • 第2章 西ドイツの本音と日本の対応
  • 第3章 フランスの本音と日本の対応
  • 第4章 英国の本音と日本の対応
  • 第5章 イタリアの本音と日本の対応
  • 第6章 スペインの本音と日本の対応
  • 第7章 ベネルックス3国および「EC委員会」の動向
  • 第8章 北欧の本音と日本の対応-スウェーデンを中心に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本への期待=ヨーロッパの本音 : <12時間>の間柄
著作者等 佃 近雄
書名ヨミ ニホン エノ キタイ ヨーロッパ ノ ホンネ
シリーズ名 有斐閣ビジネス 53
出版元 有斐閣
刊行年月 1987.12
ページ数 244p
大きさ 19cm
ISBN 4641068550
NCID BN01834349
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88018482
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想