現代利子論の展開

一谷藤一郎 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 利子論の類型と発展 / p1
  • 第一節 利子論の類型 / p1
  • 第二節 利子論の発展 / p4
  • 第二章 流動性選好説の特質 / p25
  • 第一節 ケインズ利子論の源流と性格 / p25
  • 第二節 ケインズ利子論と「古典的」要因 / p42
  • 第三節 ケインズ利子論と流動性選好函数 / p56
  • 第三章 流動性選好説の拡充と展開 / p79
  • 第一節 ケインズ利子論の拡充の試み / p79
  • 第二節 多数資産間の代替関係を導入する拡充 / p94
  • 第三節 流動性選好説の動学的展開 / p114
  • 第四章 流動性選好説と貸付資金説との関係 / p125
  • 第一節 二つの利子論の対立 / p125
  • 第二節 ストック分析とフロー分析 / p152
  • 第三節 二つの利子論の相違性と優劣 / p167
  • 第五章 貨幣的利子論と非貨幣的利子論との対立 / p173
  • 第一節 利子率の決定と一般均衡分析 / p173
  • 第二節 二つの利子論の統合の試み / p200
  • 第六章 利子率体系の構造 / p217
  • 第一節 長期利子率と短期利子率の性格 / p217
  • 第二節 短期利子率と長期利子率の決定 / p226
  • 第三節 短期利子率と長期利子率との関係 / p238
  • 結論 / p263
  • 第一章補論 利子率の決定における生産力要因と時間選好要因 / p271
  • 事項索引 / 巻末
  • 人名索引 / 巻末

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 現代利子論の展開
著作者等 一谷 藤一郎
書名ヨミ ゲンダイ リシロン ノ テンカイ
書名別名 Gendai rishiron no tenkai
出版元 有斐閣
刊行年月 1963
ページ数 290p
大きさ 22cm
NCID BN0183184X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63011371
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想