零度のエクリチュール

ロラン・バルト 著 ; 渡辺淳, 沢村昂一 訳

バルトはここから始まった。無名の批評家を一躍フランス文学界に登場させた書物の生成過程を明らかにし、精妙な註を付した、オリジナル版からの明晰な新訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • エクリチュールとは何か
  • 政治的なエクリチュール
  • 小説のエクリチュール
  • 詩的エクリチュールは存在するか
  • ブルジョア的エクリチュールの勝利と破綻
  • 文体の職人
  • エクリチュールと革命
  • エクリチュールと沈黙
  • エクリチュールと言葉
  • 言語のユートピア〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 零度のエクリチュール
著作者等 Barthes, Roland
沢村 昂一
渡辺 淳
石川 美子
バルト ロラン
書名ヨミ レイド ノ エクリチュール
書名別名 Reido no ekurichuru
出版元 みすず書房
刊行年月 1971
版表示 新版
ページ数 216, 5p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-07380-2
NCID BA85694273
BN01831679
BN11420251
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
75014108
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想