ことばと文化

鈴木孝夫 著

文化が違えばことばも異なり、その用法にも微妙な差がある。人称代名詞や親族名称の用例を外国語の場合と比較することにより、日本語と日本文化のユニークさを浮き彫りにし、ことばが文化と社会の構造によって規制されることを具体的に立証して、ことばのもつ諸性質を興味深くえぐり出す。ことばの問題に興味をもつ人のための入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ことばの構造、文化の構造
  • 2 ものとことば
  • 3 かくれた規準
  • 4 ことばの意味、ことばの定義
  • 5 事実に意味を与える価値について
  • 6 人を表わすことば

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ことばと文化
著作者等 鈴木 孝夫
書名ヨミ コトバ ト ブンカ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1973
ページ数 209p
大きさ 18cm
ISBN 4004120985
NCID BN01829757
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
75014417
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想