家族制度 : 淳風美俗を中心として

磯野誠一, 磯野富士子 共著

[目次]

  • 目次
  • I はじめに / p1
  • II 家族制度と法律 / p9
  • 1 「民法出デテ忠孝亡ブ」 / p9
  • 2 日本的な味のある調停 / p38
  • 3 「八紘を掩ひて宇となす」 / p49
  • 4 民主的な家族と和親結合 / p57
  • III 家族制度の道徳 / p73
  • 1 祖孫一体の結合 / p75
  • 2 「父母ニ孝ニ」 / p86
  • 3 「夫婦相和シ」 / p100
  • 4 家の和 / p114
  • IV 家族制度の廃止がひきおこしたもの / p123
  • 1 家庭の民主化と新教育 / p126
  • 2 老後の不安 / p138
  • 3 夫婦の不和 / p148
  • 4 家庭の民主化をめぐる混乱 / p157
  • V 民主主義と家族の愛情 / p165
  • 1 権利義務関係 / p166
  • 2 家族法と家族道徳 / p174
  • 3 家族の愛情と家族関係の科学 / p187
  • あとがき

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 家族制度 : 淳風美俗を中心として
著作者等 磯野 富士子
磯野 誠一
書名ヨミ カゾク セイド : ジュンプウ ビゾク オ チュウシン ト シテ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1958
ページ数 205p
大きさ 19cm
NCID BN01829032
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
59000950
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想