金田一博士米寿記念論集

金田一博士米寿記念論集編集委員会編

この本の情報

書名 金田一博士米寿記念論集
著作者等 金田一 京助
金田一博士米寿記念論集委員会
書名ヨミ キンダイチ ハクシ ベイジュ キネン ロンシュウ
出版元 三省堂
刊行年月 1971.10
ページ数 ix, 988p, 図版 [1] 枚
大きさ 22cm
NCID BN01828175
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「つべし」と「べし」の原義 橋本研一
「・・・・・したい」の構文 川本茂雄
「云はい」「見さい」という云い方をめぐって 金田弘
「加賀なまり」考 : 方言語彙残存度から 鎌田良二
「善くば」「為ずば」などの濁音形について 吉川泰雄
「子音係数」についての実験的研究 吉沢典男
「文」の流れを分節する : クローズ・提示節・格調節・遊離節 徳田政信
かしこまりの語法 : 源氏物語を中心に 杉崎一雄
アイヌ語の「熱」「温」「冷」「寒」などを表わす"形容詞" 服部四郎
アイヌ語石狩方言の人称代名詞と人称接辞 田村すゞ子
アクセントによる細かい方言区画 : 遠州方言を例として 寺田泰政
オロッコ民潭 : オロッコ族の言語とフォークロアの研究のための資料 池上二良
ギリシア方言の発達 高津春繁
シアーヴァ・アシュヴァ物語 辻直四郎
ゾからカへ : 日葡辭書の用例から 今泉忠義
与那国方言に関する若干の報告 柴田武
事代主神の性格 三谷栄一
助動詞「た」の存在用法 此島正年
厄年および年祝い 井ノ口章次
国語アクセントの将来 川上蓁
国語評価論 関根俊雄
天草本平家物語の呼應 鎌田廣夫
山の神の一側面 大藤時彦
島の芸能 池田弥三郎
懸詞考 : 古今集声点本を中心に 秋永一枝
敬語の本質 辻村俊樹
文法の意味 浅野信
日本古農書考 島正三
日本語アクセントの将来 平山輝男
日本語辞書のアクセント記号 和田實
栄花物語の構想 佐藤謙三
樺太アイヌ語テキスト : タライカ方言民話 古川恭子
源氏物語の「給ふる」「侍り」について 岡崎正繼
移りゆく希望表現 宮地幸一
紗流アイヌのイナウについて 久保寺逸彦
続日本紀宣命の敬語について 田辺正男
蒙古諸語に於ける一種の母音交代/ä/〜/i/に就いて 野村 正良
語彙調査と国語辞書 見坊豪紀
速記の立場から見た同音語の書き分けについて 武部良明
音韻変化からアクセント変化ヘ 金田一春彦
高野長英『繙巻得師』小考 杉本つとむ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想