言語・知覚・世界

大森荘蔵 著

ギリシャ以来、哲学の中心的なテーマの一つであった存在と意識の関係の問題は、現在、自然諸科学の豊富な成果に直面して、人間のあり方についての思索の中での新たな定位を求められつつある。本書は、伝統的な、世界と意識の問題に、知覚の構造の緻密な分析を手掛かりとして、新しい角度から光を与え、物・世界・他者の哲学的意味を探究するとともに、それらの言語的表現の検討を通して、科学の基礎にある二元論的世界像の構成の解明を企図した労作である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 言語(ことばの機能とその限界
  • 他人と言葉
  • 生命と意識
  • 言語規制説の再検討
  • 言語と集合
  • 説明と記述
  • 決定論の論理と、自由)
  • 第2部 知覚の問題(物と知覚
  • 知覚の因果説検討
  • 知覚の作用と内容)
  • 第3部 知覚像と科学的世界像(知覚風景と科学的世界像
  • 観測と世界像
  • 幻覚の客観性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言語・知覚・世界
著作者等 大森 荘蔵
書名ヨミ ゲンゴ チカク セカイ
出版元 岩波書店
刊行年月 1971
版表示 オンデマンド版
ページ数 320p
大きさ 22cm
ISBN 4000004891
NCID BB20627212
BN01827886
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
75022684
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想