フェミニズム批評 : 理論化をめざして

織田元子 著

この世には二つの尺度がある。男の尺度と女の尺度である。私たちは、男の尺度=客観の前提を打破し、新しいフェミニスト英文学史を創造しなければならない。文学テクストにおける性差別を廃し、文化の改変へ向かうフェミニズム批評。その発生と展開をたどり、原理を問う。

「BOOKデータベース」より

この世には二つの尺度がある。男の尺度と女の尺度である。私たちは、男の尺度=客観の前提を打破し、新しいフェミニスト英文学史を創造しなければならない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 フェミニズム批評の理論化をめざして
  • 第2章 現代批評理論批判
  • 第3章 文学テクストに性はあるか
  • 第4章 テクストの意味は誰が決めるか
  • 第5章 文学の規範は誰が作るか
  • 第6章 <女として読むこと>の解体
  • 第7章 英文学史はどう変わる
  • 第8章 ジョージ・エリオット-ケース・スタディ

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 フェミニズム批評の理論化をめざして
  • 第2章 現代批評理論批判
  • 第3章 文学テクストに性はあるか
  • 第4章 テクストの意味は誰が決めるか
  • 第5章 文学の規範は誰が作るか
  • 第6章 "女として読むこと"の解体
  • 第7章 英文学史はどう変わる
  • 第8章 ジョージ・エリオット-ケース・スタディ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フェミニズム批評 : 理論化をめざして
著作者等 織田 元子
書名ヨミ フェミニズム ヒヒョウ
出版元 勁草書房
刊行年月 1988.1
ページ数 224p
大きさ 20cm
ISBN 4326650834
NCID BN01826442
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88020184
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想