良寛の旅

谷川敏朗 著

"名主の昼あんどん"とまで嘲笑された幼少年期の良寛が、どのように自己形成をとげ巨人となったか。全国的に点在している良寛遺跡を地域別にまとめその土地にちなんだ良寛関連の事蹟を詳しく解説。良寛の遺跡を歩くガイド。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 長岡から島崎へ(長岡市
  • 与板町
  • 和島村)
  • 出雲崎と寺泊(出雲崎町
  • 寺泊町)
  • 国上山の五合庵(分水町
  • 吉田町)
  • 弥彦・新潟・柏崎(弥彦村
  • 岩室村
  • 巻町
  • 三条市
  • 白根市
  • 新潟市
  • 豊栄市
  • 柏崎市)
  • 玉島など諸国遺跡(倉敷市
  • 四国・近畿地方
  • 中部・関東地方
  • 糸魚川市
  • 東北地方)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 良寛の旅
著作者等 谷川 敏朗
書名ヨミ リョウカン ノ タビ
出版元 恒文社
刊行年月 1985.5
ページ数 246p
大きさ 19cm
ISBN 4770406061
NCID BN01818681
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86028742
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想