魔女狩り

森島恒雄 著

西欧キリスト教国を「魔女狩り」が荒れ狂ったのは、ルネサンスの華ひらく十五‐十七世紀のことであった。密告、拷問、強いられた自白、まことしやかな証拠、残酷な処刑。しかもこれを煽り立てたのが法皇・国王・貴族および大学者・文化人であった。狂信と政治が結びついたときに現出する世にも恐ろしい光景をここに見る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 平穏だった「古い魔女」の時代(魔女の歴史
  • 寛容な魔女対策)
  • 2 険悪な「新しい魔女」の時代(ローマ・カトリック教会と異端運動
  • 異端審問制の成立とその発展 ほか)
  • 3 魔女裁判(魔女は何をしたのか
  • 救いなき暗黒裁判 ほか)
  • 4 裁判のあとで(魔女の「真実の自白」
  • 「新しい錬金術」-財産没収 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 魔女狩り
著作者等 森島 恒雄
書名ヨミ マジョガリ
書名別名 Majogari
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1970
ページ数 207p
大きさ 18cm
ISBN 4004130204
NCID BN01814523
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
74007552
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想