小繋事件 : 三代にわたる入会権紛争

戒能通孝 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき
  • 1 所有権にも差別がある / p1
  • 2 僻地生活の一世紀 / p7
  • 岩手県二戸郡小繋村 / p8
  • 山守としての地頭と坊主 / p12
  • 山林支配と旧藩ならびに明治初年の岩手県 / p20
  • 3 国内に作られた植民地 / p33
  • 名義と事実 / p34
  • 農民にも財産管理の力があった / p38
  • ボスと陸軍と山地主 / p48
  • 農民のおとなしさが生んだ罪 / p58
  • 4 石また叫ぶときがくる / p71
  • 火事 / p72
  • 小堀喜代七--埋もれた東北の農民運動家 / p80
  • 官許された暴力行為 / p86
  • 5 権力の踏みつぶした基本権 / p95
  • 荒れる官憲 / p96
  • 草莽の忠臣とその家族 / p103
  • 天皇陛下の裁判所からみた農民の立場 / p108
  • 生産力の発展を阻害するものとしての権力の作用 / p115
  • 6 反抗する裏切者 / p123
  • 利欲と執念 / p124
  • 見捨てられた正しい立場 / p130
  • 7 権利は自分の手でしか守れない / p135
  • 訴訟請負人の登場と食い物にされた農民の利益 / p136
  • 農民をみない「農民知事」と弁護士たち / p139
  • 焼酎作戦と肩たたき / p148
  • 残されている不実さの証拠 / p156
  • 8 いまだに苦闘する農民たち / p161
  • 平和は裏切ではかえらない / p162
  • 小繫事件と藤本君 / p169
  • 山村を急襲した百五十人の武装警察官 / p176
  • 小繫事件と検察官 / p182
  • 裁判所のみた小繫事件 / p191
  • 9 しかし未来は築かねばならない / p199
  • 小繫年譜 / p207
  • 文献 / p210
  • あとがき

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 小繋事件 : 三代にわたる入会権紛争
著作者等 戒能 通孝
書名ヨミ コツナギ ジケン : 3ダイ ニ ワタル イリアイケン フンソウ
書名別名 Kotsunagi jiken
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1964
ページ数 212p 地図
大きさ 18cm
ISBN 4004100593
NCID BN01813473
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64001651
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想