雲を読む本 : 空を見るのが楽しくなる

高橋浩一郎 著

[目次]

  • 目次
  • 序章 雲の国日本 / 11
  • 古代から雲に深い関心
  • 雲と天気の解説書第一号
  • 日本の特異な自然条件
  • 雲の科学の始まり
  • 第一章 雲の姿を科学する / 23
  • 十種雲形
  • 雲の種と変種
  • 雲の高さと厚さ
  • 四季の雲
  • くらげ雲とかぎ状絹雲
  • 日がさ、月がさ
  • おぼろ雲、ちょうちょ雲
  • 鰯雲、まだら雲
  • レンズ雲
  • 波状雲
  • 山に出る雲
  • 第二章 雲の気象学 / 45
  • 雲とは
  • 天気と雲
  • 雲量の度数分布
  • 天気の日変化
  • 雲量の年変化
  • 雲量の地理的分布
  • 雲の成因
  • 断熱変化、上昇気流の重要性
  • 第三章 雲の物理学 / 65
  • 雲は微小な水滴の集まり
  • 雲粒と雨粒の違い
  • 雲粒や雨粒の寿命
  • 凝結核
  • 雲核
  • 氷晶核
  • 雲粒から雨粒へ
  • 第四章 生活の中の雲 / 87
  • 観天望気の中心となる雲
  • 飛行機と雲
  • ジェット気流にともなう雲
  • 着氷
  • 雲解析
  • 人間活動が作る雲と雪
  • 人工降雨
  • 第五章 霧退治 / 107
  • 霧人工消散の戦時研究
  • 霧粒の大きさと数
  • 霧粒の特性と霧の性質
  • 考えられる霧消散の方法
  • 熱によって霧を消すためには
  • 霧が出る機構
  • 霧のいろいろ
  • 第六章 雷雲を追う / 129
  • サンダー・ストーム・プロジェクト
  • 積雲の生態
  • 積乱雲の生涯
  • 雹とあられ
  • 雷発生のメカニズム
  • 第七章 真珠母雲、夜光雲をさぐる / 147
  • 数十キロの高さに現れる雲
  • 真珠母雲
  • 夜光雲
  • 第八章 宇宙から見た雲 / 157
  • レーダーによる雲の観測
  • 気象衛星と雲
  • 衛星画像に見られる気象の大きな構造
  • 冬の季節風にともなう雲
  • カルマンの渦列
  • 山岳波
  • 雲の動きと風
  • 第九章 惑星大気の雲とその働き / 187
  • 気候の調整者としての雲
  • 地球の熱収支と雲
  • 火星の気象
  • 金星の雲
  • 木星の気象
  • おわりに / 206

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 雲を読む本 : 空を見るのが楽しくなる
著作者等 高橋 浩一郎
書名ヨミ クモ オ ヨム ホン
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1982.7
ページ数 211p
大きさ 18cm
ISBN 4061181076
NCID BN01812299
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
82044951
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想