PCM方式概論

熊谷伝六 著

[目次]

  • 目次
  • 1. 概説
  • 1.1 構成 / p1
  • 1.2 原理 / p1
  • 1.3 特徴 / p7
  • 2. 方式の構成
  • 2.1 方式の概要 / p9
  • 2.2 基本パラメータ / p13
  • 2.3 各部の形式 / p38
  • 3. 端局通話路系
  • 3.1 端局通話路系の構成 / p97
  • 3.2 端局通話路系の設計 / p119
  • 3.3 端局通話路系の伝送特性 / p160
  • 4. 同期系
  • 4.1 同期系の構成 / p173
  • 4.2 同期系の伝送特性 / p206
  • 5. 伝送路の諸特性
  • 5.1 伝送路の温度条件 / p215
  • 5.2 伝送路の高周波特性 / p218
  • 5.3 漏話 / p225
  • 5.4 雑音 / p232
  • 6. 中継伝送系
  • 6.1 中継伝送系の構成 / p235
  • 6.2 中継伝送系の雑音特性と設計基礎 / p239
  • 6.3 中継器設計と波形ひずみ / p252
  • 6.4 中継伝送路の設計 / p264
  • 6.5 同軸ケーブルにおける中継伝送路の設計 / p271
  • 7. 監視および測定
  • 7.1 端局系の監視 / p279
  • 7.2 中継系の監視 / p285
  • 7.3 測定 / p289
  • 付録(中継器設計規格) / p301
  • 索引 / p303

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 PCM方式概論
著作者等 熊谷 伝六
日本電信電話公社電気通信研究所
書名ヨミ PCM ホウシキ ガイロン
シリーズ名 通研叢書 ; 第4
出版元 丸善
刊行年月 1967
ページ数 308p
大きさ 22cm
NCID BN01810169
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68000337
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想