インド文明の曙 : ヴェーダとウパニシャッド

辻直四郎 著

ヴェーダはインド最古の文献であり、バラモン教の根本聖典の総称である。その宗教や祭式は多くの変遷を経てヒンドゥー教となり、現代インド人の信仰や生活の中に生きており、また仏教の思想や美術にも入りこんでいる。インド文明の源流ともいうべきこの聖典の成立と思想を、ヴェーダ研究の世界的権威である著者が、平明に興味深く語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ヴェーダとは何か
  • 第2章 ヴェーダの歴史的背景
  • 第3章 ヴェーダ語の系統
  • 第4章 リグ・ヴェーダについて
  • 第5章 リグ・ヴェーダの神々
  • 第6章 リグ・ヴェーダの哲学讃歌、対話讃歌、その他
  • 第7章 サーマ・ヴェーダとヤジュル・ヴェーダ
  • 第8章 アタルヴァ・ヴェーダ
  • 第9章 ブラーフマナ文献
  • 第10章 ウパニシャッド

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • 第一章 ヴェーダとは何か / p1
  • 第二章 ヴェーダの歴史的背景 / p9
  • 第三章 ヴェーダ語の系統 / p25
  • 第四章 リグ・ヴェーダについて / p34
  • 第五章 リグ・ヴェーダの神々 / p44
  • 一 天地両神 / p44
  • 二 インドラ / p46
  • 三 ヴァルナとミトラ / p51
  • 四 火神アグニ / p59
  • 五 ソーマ / p65
  • 六 アシュヴィン双神 / p71
  • 七 自然神 / p74
  • 第六章 リグ・ヴェーダの哲学讃歌、対話讃歌、その他 / p91
  • 第七章 サーマ・ヴェーダとヤジュル・ヴェーダ / p112
  • 第八章 アタルヴァ・ヴェーダ / p123
  • 第九章 ブラーフマナ文献 / p140
  • 第一〇章 ウパニシャッド / p158
  • むすび / p182
  • 付録
  • 一 インダス河文明 / p186
  • 二 インド・イラン語派の分類 / p194
  • 三 ヴェーダ文献一覧表
  • 索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 インド文明の曙 : ヴェーダとウパニシャッド
著作者等 辻 直四郎
書名ヨミ インド ブンメイ ノ アケボノ : ヴェーダ ト ウパニシャッド
書名別名 Indo bunmei no akebono
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1967
ページ数 207p 図版
大きさ 18cm
ISBN 4004130123
NCID BN01808950
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67005838
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想