遍歴放浪の世界

紀野一義 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 漂白のおもいやむなし / p11
  • 風のごと留めがたなし
  • 虚空遍歴
  • 高村光太郎とバーナード・リーチ
  • 寛仁にして真摯なる友よ
  • ここはあなたの生まれたふるさと
  • 山河慟哭
  • 山河慟哭から虚空遍歴へ
  • 第二章 放浪の念仏僧たち / p63
  • 空也
  • 口から仏を吐いた人
  • 捨て果てた人
  • 奇瑞の裏にあるもの
  • 西行
  • 北面の武士佐藤義清
  • 佐藤義清はどうして出家したのか
  • 変貌する孤独な野の人
  • 莫逆の友西住法師
  • 死出の山河みなぎりて命なりけり / p0
  • 一遍
  • まわせば廻る輪廻の車
  • 称ふれば仏も吾もなかりけり
  • 迷ってもさとっても仏の中
  • 花のことは花に問え
  • 葬礼の儀式とそのふべからず
  • 第三章 生ける者と死せる者との対話 / p115
  • 死の垣を越えて
  • 魂ふり、魂しずめ
  • 能「隅田川」の教えるもの
  • 死せる子に導かれて
  • オホーツク挽歌
  • 生死はひとつ
  • 第四章 放浪の芸術家たち / p145
  • 芭蕉
  • 野ざらしを心に風のしむ身かな
  • 無常迅速
  • 砧打って我にかきせよ
  • 死にもせぬ旅寝の果よ
  • 円空
  • 山の神々と語った円空
  • 自然とともに生きた円空
  • 木喰
  • あくの強かった彫刻僧木喰
  • ただ堪忍が路銭なりけり
  • 微笑仏
  • 第五章 風の中の念仏-尾崎放哉 / p177
  • 放哉の生い立ち
  • 流転の人生のはじまり
  • 孤独な旅人
  • 風に吹かれ信心申して居る
  • 足のうら洗へば白くなる
  • 第六章 わが心 水の如くあれ-種田山頭火 / p209
  • 山頭火の生い立ち
  • はるかなる旅へ
  • 野分
  • しぐるるや死なないでいる
  • 行く霊流れる水
  • 雑草生しいげる其中庵
  • ついの栖一草庵
  • 第七瀬 遍路・巡礼のうたえる歌 / p245
  • 四国遍路の旅を行く
  • 西国巡礼に耳を傾けて
  • 美に呼びさまされる信心
  • 旅の道餓えしも今は高福寺
  • 寂しければ空海をこそただ頼め

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 遍歴放浪の世界
著作者等 紀野 一義
書名ヨミ ヘンレキ ホウロウ ノ セカイ
書名別名 Henreki horo no sekai
シリーズ名 NHKブックス ; 58
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1967
版表示 第30刷
ページ数 270p 図版
大きさ 18cm
ISBN 4140010584
NCID BA49121003
BN01806842
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67005612
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想