鎌倉仏教 : 親鸞と道元と日蓮

戸頃重基 著

[目次]

  • 鎌倉佛教 目次
  • まえがき
  • 1 日本仏教の夜明け / p1
  • 古代仏教の終焉 / p2
  • 末法悪世に生きて / p16
  • 比叡山と新仏教の旗手たち / p27
  • 2 信仰の証を求めて / p47
  • 自力と他力と共力 / p48
  • 念仏の救いについて / p54
  • 迫害のなかの自己発見 / p70
  • 布教の拠点-稲田と鎌倉 / p78
  • 摂受と折伏 / p82
  • 3 さとりと愛欲の相剋 / p91
  • 人生の恩愛をめぐって / p92
  • 業から自由へ / p107
  • 妻帯と女犯 / p117
  • 不浄観と煩悩即菩提 / p128
  • 4 法灯のゆくえ / p133
  • 浄土教の夢と現実 / p134
  • 本願寺教団の末路 / p141
  • 禅の迷いの系譜 / p153
  • 折れた妙教の剣 / p164
  • むすび-新仏教の遺産 / p179
  • 参考文献 / p189

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 鎌倉仏教 : 親鸞と道元と日蓮
著作者等 戸頃 重基
書名ヨミ カマクラ ブッキョウ : シンラン ト ドウゲン ト ニチレン
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1967
版表示 10版
ページ数 191p
大きさ 18cm
ISBN 4121001303
NCID BN01803276
BN13306858
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67004142
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想