化石からさぐる日本列島の歴史 : 過去からのメッセージを読む

森下晶 著

[目次]

  • もくじ
  • まえがき / 5
  • I 日本の生物相 / 11
  • 姿を消したオオカミ / 12
  • 現在の日本の生物相 / 18
  • 最近姿を消した生物 / 26
  • レリック(生き残り)について / 32
  • II 化石の役わり / 41
  • 化石とはなにか / 42
  • どんな化石があるか / 45
  • 化石はなにを語るのか / 53
  • 化石によって地史をひもとく / 57
  • 化石は時計の針の役わりをはたす / 64
  • 化石は昔の環境をしめす / 67
  • 生活の跡-生痕の化石は重要 / 70
  • III 化石からみた古生代の日本-四億年前から二億三〇〇〇万年前まで- / 73
  • 日本で最古の化石はなにか / 74
  • 古生代の日本は海であった / 79
  • サンヨウチュウは語る / 85
  • ウミユリは語る / 88
  • サンゴは語る / 91
  • フズリナは語る / 97
  • IV 化石からみた中生代の日本-二億三〇〇〇万年前から六五〇〇万年前まで- / 105
  • 日本の日本海側は陸であった / 106
  • 稲井竜がいた / 108
  • 海陸分布が複雑だったジュラ紀の日本 / 111
  • 日本の太平洋側は海であった / 115
  • 成羽の森林をつくった植物 / 118
  • 手取湖に生きた生物 / 123
  • 恐竜のなかま / 128
  • アンモナイトは語る / 135
  • V 化石からみた古第三紀の日本-六五〇〇万年前から二五〇〇万年前まで- / 143
  • 森林は石炭をつくった / 144
  • 陸の動物たち / 147
  • 海にいた生物 / 151
  • カヘイセキは語る / 154
  • VI 化石からみた新第三紀の日本-二五〇〇万年前から二〇〇万年前まで- / 157
  • フォッサマグナは海だった / 158
  • 石油の海-日本海 / 165
  • 瀬戸内海の前身-第一瀬戸内海 / 172
  • 古琵琶湖と東海湖-第二瀬戸内海 / 179
  • 海獣デスモスチルス / 183
  • 生きている化石-メタセコイア / 186
  • VII 化石からみた第四紀の日本-二〇〇万年前から現在まで- / 189
  • 段丘の中の化石-海水面は動く / 190
  • 花粉は寒い日本をしめす / 195
  • 暖かい海をしめす沼のサンゴ礁 / 199
  • 象は大陸からの陸橋を渡ってきた / 200
  • 化石人類の登場 / 204
  • 日本にも化石人類がいた / 209
  • VIII むすび / 217
  • ほろびゆく生物と自然保護 / 218
  • 化石はたいせつに-国土保全のモラル / 220
  • あとがき / 223

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 化石からさぐる日本列島の歴史 : 過去からのメッセージを読む
著作者等 森下 晶
書名ヨミ カセキ カラ サグル ニホン レットウ ノ レキシ
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1978.6
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 4061179578
NCID BN01802750
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
78023128
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想