デカルトと合理主義

ジュヌヴィエーヴ・ロディスールイス 著 ; 福居純 訳

[目次]

  • 目次
  • まえがき / p7
  • 第一部 デカルト
  • 第一章 理性と方法 / p14
  • I 明証性と確実性 / p14
  • II 直観と演繹 / p17
  • III 方法から哲学へ / p21
  • 第二章 懐疑とコギト / p25
  • I 根本的懐疑 / p26
  • II 「コギト」 / p31
  • III わたしはなんであるか / p33
  • 第三章 神 / p39
  • I 拠りどころとしての神への必然的依存 / p39
  • II 完全な無限の観念による神の証明 / p42
  • III 存在論的証明 / p48
  • IV 神と真理 / p50
  • V デカルトの循環 / p54
  • 第四章 自由と理性の正しい使用 / p58
  • I 誤謬の責任 / p58
  • II 明証と自由 / p62
  • III 最良の判断の限界 / p68
  • 第五章 人間と世界 / p71
  • I デカルトの二元論 / p71
  • II 物体の存在とわたしの身体 / p74
  • III 精神と身体との結合 / p76
  • IV 物体の科学
  • 1 自然学の一般的原理 / p79
  • 2 デカルトの世界 / p80
  • 3 生物 / p82
  • 第二部 デカルトの遺産と偉大なる合理主義
  • 第一章 デカルト哲学の限界 / p86
  • I デカルト学派 / p86
  • II マルブランシュのデカルト的出発点 / p90
  • III スピノザ哲学のデカルト的種子 / p93
  • IV ライプニッツの反デカルト説 / p96
  • 第二章 理性と方法 / p100
  • I 形而上学的・数学的合理主義 / p100
  • II スピノザ的観念の肯定的力 / p102
  • III マルブランシュによる普遍的理性への統一 / p107
  • IV ライプニッツの形式主義 / p111
  • 第三章 神 / p115
  • I 神と真理 / p115
  • II スピノザ哲学による「神即自然」 / p117
  • III マルブランシュとライプニッツによる神と「完全性の秩序」あるいは「最善なるものの選択」 / p121
  • 第四章 人間と世界 / p128
  • I 精神と身体との間の対応 / p128
  • II マルブランシュの機会原因論 / p129
  • III スピノザの平行論 / p134
  • IV ライプニッツによる予定調和説 / p138
  • 第五章 人間の自由 / p143
  • I 後デカルト派における人間の自由の限界 / p143
  • II マルブランシュにおける自由と恩寵 / p144
  • III ライプニッツにおける自発性と最善なるものの選択 / p147
  • IV スピノザと知性による解放 / p149
  • むすび / p154
  • 訳者あとがき / p157
  • 文献 / p1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 デカルトと合理主義
著作者等 Rodis-Lewis, Geneviève
福居 純
ジュヌヴィエーヴ・ロディスールイス
書名ヨミ デカルト ト ゴウリ シュギ
書名別名 Dekaruto to gori shugi
シリーズ名 文庫クセジュ
出版元 白水社
刊行年月 1967
ページ数 159p
大きさ 18cm
ISBN 4560054177
NCID BN01799940
BN10877149
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67005543
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想