デカルト  2

所雄章 著

方法的懐疑。体系と方法をめぐる錯綜を解き、続いて重要ないくつかのテーマに即し、デカルト哲学の理論的な展望を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 デカルト哲学における「方法」と「体系」
  • 第1章 「コギト・エルゴ・スム」
  • 第2章 「デカルトの循環」
  • 第3章 「物体即延長」-このテーゼの背景的諸考察
  • 第4章 「物体即延長」-このテーゼの理論的定礎
  • 第5章 「物体即延長」-このテーゼの体系的展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 デカルト
著作者等 所 雄章
書名ヨミ デカルト
巻冊次 2
出版元 勁草書房
刊行年月 1996.10
版表示 新装版
ページ数 366p
大きさ 20cm
ISBN 4326198303
NCID BN01799328
BN1543311X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97030621
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想