朱子学と陽明学

島田虔次 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 新しい哲学の出発
  • 一 仏教・道教のいわゆる影響 / p1
  • 二 台頭する士大夫階級と宋学の理想 / p14
  • 三 宋学の形成 / p30
  • 四 理の哲学と気の哲学 / p54
  • 第二章 宋学の完成・朱子学
  • 一 中国最大の思想家、朱子 / p77
  • 二朱子の論敵、陸象山 / p106
  • 第三章 陽明学の成立・展開
  • 一 王陽明の登場 / p119
  • 二 陽明学の展開、とくに左派 / p146
  • 儒教の叛逆者・李贄(李卓吾) / p161
  • あとがき / p191
  • 付 年表

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 朱子学と陽明学
著作者等 島田 虔次
書名ヨミ シュシガク ト ヨウメイガク
書名別名 Shushigaku to yomeigaku
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1967
ページ数 204p 表
大きさ 18cm
ISBN 4004120284
NCID BN01796873
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67001932
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想