孟子

金谷治 著

古来、孟子は孔子の思想をつぐ賢人として知られている。本書は、在来の孟子解釈にこだわらず、戦国時代に生きた彼の姿を描きながら、「王道の道は民を保んずることにあり」という論旨をはじめとして、その思想のすべてを新たな観点からわかりやすく紹介する。人道主義者としての孟子の全貌を達意な筆で綴った労作である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 孟子とその時代
  • 第2章 道徳はつらぬかれるか
  • 第3章 王道の悲願
  • 第4章 民を貴しとなす
  • 第5章 人の本性は善だ
  • 第6章 聖人への道
  • 第7章 理想主義の勝利
  • 余論 『孟子』七篇について

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 序説 / p1
  • 第一章 孟子とその時代 / p10
  • 第二章 道徳はつらぬかれるか / p35
  • 第三章 王道の悲願 / p60
  • 第四章 民を貴しとなす / p85
  • 第五章 人の本性は善だ / p110
  • 第六章 聖人への道 / p129
  • 第七章 理想主義の勝利 / p148
  • 余論 『孟子』七篇について / p169
  • あとがき / p185
  • 字句索引
  • 人名・書名索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 孟子
著作者等 金谷 治
書名ヨミ モウシ
書名別名 Moshi
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1966
ページ数 186p 図版 地図
大きさ 18cm
ISBN 400413045X
NCID BN01796760
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66003351
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想