ガイダンス実践・経営学

若松茂美 著

リストラクチャリングの時代である。円高は日本企業の合理化努力を一朝にして無に帰してしまった。厳しい環境に適応すべく、経営論ブームが続いている。豊かな経営コンサルタント体験の中で、討議と汗とともに生まれた現代経営論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 批判-今日の経営論(「戦略経営」論
  • 「社長若返り」論
  • 現代の社長学
  • 事業部制万能論
  • 「ホロン経営」
  • 「エクセレント・カンパニー」
  • CI導入現象
  • リストラクチャリング
  • 成長論の復権
  • 日本のビジネス教育)
  • 実践-新しい経営システム(コーポレート・センターの提案
  • 企業の分解
  • 新しいビジネス・システム
  • 企業間交流のすすめ
  • 組織能力開発の時代)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ガイダンス実践・経営学
著作者等 若松 茂美
書名ヨミ ガイダンス ジッセン ケイエイガク
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1988.1
ページ数 226p
大きさ 18cm
ISBN 4121008642
NCID BN01796341
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88022101
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想