東京語の歴史

杉本つとむ 著

本書はそれぞれ独自の文化的背景をもつ京都・大阪、三河・駿河、関東周辺など様々なことばが相互に対立し、同調し、融合して洗練された江戸語を形成し、やがて東京語に発展する過程を、源内、西鶴はじめ豊富な資料を駆使して明らかにし、いわゆる標準語とは異なる東京語の世界を活写する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本語のなかの東京語
  • 第1章 古代日本語と東国方言
  • 第2章 古代語から近代語へ
  • 第3章 関東方言と江戸詞
  • 第4章 江戸八百八町と江戸語の成立
  • 第5章 江戸語とその言語文化
  • 第6章 近代日本と東京語の世界
  • 終章 江戸語の伝統と東京語・標準語

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東京語の歴史
著作者等 杉本 つとむ
書名ヨミ トウキョウゴ ノ レキシ
書名別名 Tokyogo no rekishi
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1988.1
ページ数 315p
大きさ 18cm
ISBN 4121008650
NCID BN01796217
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88022508
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想